こころの天気

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院に対する苦言

<<   作成日時 : 2006/12/14 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

息子が自転車のハンドルが曲がったのを
直そうとけっとばして
足の親指の爪をはがした。

爪は見事にぱっくりはがれ、
かろうじて根元がくっついている。
出血も多いが、
爪が1cmほど浮き上がっていて止血もままならない。

まぁ、死ぬ事は無いが、
でも、むちゃくちゃ痛そうで。
自分でやった事だから必死で痛みに耐えている。

一刻も早く外科か整形に。
そこで、ある外科に直行した。
電話帳にも看板にも
「外科 内科 胃腸科 皮膚科 リハビリ科
 乳腺専門外来併設 」
と明記されている外科に行った。

窓口で、足の爪がはがれて痛みが強いことを
伝えるが、
「乳がん検診の予約の患者が沢山いて
診察できるのが何時間後になるかわからない」
と言う。
しかも、他の職員が
「…外科的処置ができるかな?
(医者に)聞いてみないと判らないよ」
と言ったのが聞こえた。

はぁ?
外科的処置が出来ないのなら、
外科の看板をはずし、
”外科の当直当番”を辞退しろ!
ここの病院が、休日の当直もしているのを知っている。

何時間も待つくらいなら他の病院にいったほうが速いと、
帰りかけたとき、
年配の看護師(?)が
「傷をみせて」と呼び止める。
もしかして診察してくれるのか?と戻って
ガーゼをはずすと
「あ〜 これはひどいね。
でも、診察まで2時間くらい待ってもらうけど」

はい?
なんじゃそりゃ。
ガーゼをはずすだけでも息子は痛がっているのに、
わざわざ時間と手間をかけさせて、
見ても見なくても同じ判断かい?

……

はたして、そこから車で5分の整形に行って
到着してから20分で処置していただきました。

******

このごろ
病院の標榜する診療科なのに
”うちでは診察できません”
というとこがちらほら有る。
こんなことでいいんでしょうかね?


近郊に住んでる方のために、
上記の病院名を明記しようかとも思いましたが、やめました。
”やぶ”で有名な病院なら市民も警戒するだろうけれど、
上記の病院は、
市民病院の外科医が数年前に開業し、
”腕はいい”との口コミを聞いていただけに
危険がいっぱい。

******

外科と言えば…
5年前のこと、職場の若い男性がお腹が痛いという。
症状が、タダの腹痛と言うより盲腸かもって思った。
置き薬飲むより、外科でみてもらったほうがいい。

そこで、職場から近い外科に電話した。
そしたら、
「うちは、腹部エコーの機械が無いから
腹痛は診察できません!市民病院に行ってください!」
と、けんもほろろに断られた。(4時ごろの話)

その男性は、結局、
他の外科に行って”盲腸”だった。
(点滴で治った)

上記の、かるい盲腸でさえ診察できないという
外科もまた、当直をしているのだ。

休日、ひどい病気に見舞われても、
ここには行くまい。
死んでしまうかもしれないも〜ん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病院に対する苦言 こころの天気/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる